出来るだけ若い女性と結婚としたい!

 

50代男性が婚活を開始して思うことはみんな同じです。

 

それはあなただけではありません。男性なら誰もがそう思います。私もそう思います。

 

ですが実際はなかなか難しいのが現実。

 

50代で婚活を始めると、40代の再婚女性と関係がうまくいきやすかったりするわけです。

 

50代の男性と、40代バツイチの女性とは、関係的にはいい取り合わせです。

 

でも出来るなら「若い女性と結婚したい……」

 

ではどうしたら、若い女性と結婚をすることができるのでしょうか。

 

それにはふたつのことが必要です。

@財力 1,000万円以上の年収

これはわかりやすいですね。

 

お金があるだけで、女性の方からよってきます。

 

年収1000円以上、それだけの収入があること。

 

それ以上の年収があるのなら、女性の方からあなたへアプローチしてくるでしょう。

 

婚活をしている女性の中には、専業主婦希望で、安定した人生を求めている若い女性も少なくありません。

 

そうした女性の希望は、年齢、外見よりもまずは収入、というわけですね。

 

それだけの財力があれば、黙っていても女性はほおっておきません。

清潔感 オジサン臭くない外見

当たり前のことですが、婚活をしている50代の男性の中には、清潔感を感じない人もいるのです。

 

それは髪型、服装、といった外見的な要因ですね。

 

なにも特別におしゃれである必要はまったくありません。

 

短めできちんとカットされたヘアースタイル。

 

体にあった服。婚活ではスーツを着ることが多いのですが、よれよれしたものではなく、サイズが
きちんと体に合っていることが大事ですね。

 

もちろん無精ひげなんかはもってのほか。ひげもかなりリスクが高いです。

 

きちんと剃っておいた方が無難です。

 

普通でいいのです。

 

毎日風呂に入って、服はきちんと洗濯されている。

 

こうした何気ない清潔感が、若い女性と交際、結婚するためには、とても大事なのです。

高い年収がなかったらどうする? 大事なのは何故結婚をしたいのか

ではもしそれまで収入がなかったら、どうしたらいいのでしょうか。

 

一番いいのは、若い女性をあきらめることです。

 

見もふたもないかもしれませんが、そうでないと、いつまでも結婚できないかもしれません。

 

そもそも年齢差が大きいとジェネレーションギャップが生まれます。

 

価値観の違いですね。

 

もし若い女性と結婚できたとして、最初はいいのですが、次第に価値観のずれに気づき、
最悪離婚となるかもしれないのです。

 

結婚で大事なのは、自分に合っているかどうか。

 

相手の年齢より、そちらを気にした方がいいのです。

 

50代では離婚をする、ということはその次は完全になくなると思っていいでしょう。

 

人生の終着が見えているのが50代。

 

残りの人生、自分に合った女性と暮らした方が、いろいろといいのです。

 

若い女性と結婚したい。

 

そう思うのは、決して悪いことではありません。

 

収入や外見を抜きにしても、実際に結婚できるかもしれません。

 

でも50代の結婚で大事なのは、残りの人生をどう過ごすか、この視点を忘れてはいけません。

 

ただ漠然と若い女性と結婚したいと考えるのではなく、結婚相手に何を求めるのか、それをきちんと見据えていくことが、
幸せな結婚への道と言えます。