50代男性婚活のマナー

50代男性が婚活で注意するマナー、いわゆる婚活マナーにはどんなものがあるのでしょうか。

 

50代だからと言って特別なものがあるわけではありません。基本は常識的なことです。ですがそこは50代、女性から見てマナーが出来ていて当然と思われます。

 

女性から見て、50代男性は大人の、成熟した男性とみられます。マナーが出来ていて当然。それが出来ていないと、当然相手にされません。

 

そこで、あらためて婚活の時に気にしたいマナーについて解説します。

 


 

時間厳守

50代男性婚活のマナー

当たり前です。

 

婚活で出会った女性との約束は絶対に守ります。約束した時間も当然、時間厳守です。約束の場所には10分程早く着いておきましょう。

 

またメールをする、電話をすると行ったら、必ずします。ルーズでは絶対のいけません。これは当たり前のことですが、婚活という特別は状況になると、つい普段出来ていることが出来なくなることがあります。

 

十分に気をつきましょう。

積極的に動く

50代男性婚活のマナー

50代男性というと、大人の男性とみられます。ですので、必ず男性から積極的に動きましょう。店の予約はもちろん、デートの段取りも男性がします。

 

女性にまかせる、なんて消極敵は態度は絶対にしてはいけません。もちろん女性の意志はしっかりと確認します。積極的なのと、独善的なのとでは、まったく違います。

 

相手の女性が歳下だと、つい威張ってしまうことがありますが、それは駄目です。部下ではないのです。対等な関係なのです。ですので、相手が歳下でも丁寧に対応します。

 

積極的に行動するためには、女性のいろいろな好み、性格などをよく把握しておく必要があります。そこはよく話をして、聞き込みをしておきましょう。

 

女性の好みを無視して店を決めたり、デートに行く先を決めてはいけません。相手の喜ぶことを、先んじてやることが婚活デートを成功させる秘訣です。

食事のマナー

50代男性婚活のマナー

食事のマナーは、気をつけすぎるくらい、気をつけてください。女性は食事のマナーに、きわめて敏感です。


 

食事の時のマナーがいい、食べ方がきれい、というだけで女性のあなたに対する評価があがります(本当です)。

 

逆に言うと、汚く食べると、それだけでマイナスポイントです。それもかなりのマイナスポイントです。

 

絶対に避けたいのは、くちゃくちゃと音を立てて食べること。これ、意外と50代男性でもやっている人がいます。本人には自覚がないのでしょうが、婚活では「絶対に」NGです。

 

肘をついて食べる、レストランのスタッフに威張る、会計の仕方がスマートではない、財布がぐちゃぐちゃで汚い。食事の音だけではなく、こういう細かいことも気をつけましょう。

 

もし可能なら、知りあいの若い女性と食事をして、きちんと出来ているか意見を聞いてみるとよいでしょう。

 

この食事のマナーは、十二分に対策をしておきましょう。なにも特別はことではありません。

 

  • 音を立てて食べない
  • 肘をついて食べない
  • スタッフに威張ったり、怒ったりしない
  • 支払いは男性がする
  • きちんと整理された財布から、スマートに支払う

 

意外とありがちで油断しているのが、クレジットカードが限度額がいっぱいで使えなくなってる、なんて極めて恰好悪いです。きちんと確認しておきましょう。

会話に気をつける

50代男性婚活のマナー

自分の話ばかりしないで、女性の話をよく聞く。これも大事です。出来る限り避けたいのは、論理的に話してしまうことです。

 

仕事ではありません。デートなのです。相手の女性を論理で説き伏せるなんて、絶対に駄目です。あなたは聞き役。女性の話を聞いてあげてください。これは結婚してからもそうです。それが女性との関係を有効に保つコツです。

 

女性は答えを求めていません。ただ話をしたいのです。そこを間違えると、「女心がわからない男」になってしまいます。

 

女性の話を微笑みながら聞ける、これが大人の男性です。

 

ただ中には口数の少ない女性もいるでしょう。そういう場合は、あなたが会話をリードすることになります。

 

婚活の時は、どうして自分のことを知ってもらいたいので、たくさん話をしたくなります。でもそこはぐっと我慢して、相手のことを聞きましょう。

 

人間は自分に関心がある相手に対して好感を持ちます。相手が話せるようにリードしてあげましょう。

50代男性としてきちんとしたマナーで女性と接しましょう!

50代男性婚活のマナー

ここに書いたマナーは、実は特別な婚活マナーではありません。仕事の時のマナーと同じです。いうなれば婚活対象の女性は、新しい取引先なのです。

 

うまくリードして、商談を成立させなければなりません。相手を下に見ては商談もうまくいきません。婚活もそれと同じ。相手を尊重して、はじめていい友好関係が築け、いい結果につながります。

 

婚活というと、どうしても肩に力が入り気味になります。普段当たり前に出来ていることも、出来なくなることも実際にあります。

 

ですので、特別なこととは思わず、普段の仕事の延長と捉えて、肩の力を抜いて、取り組みましょう。大人の男性として、当たり前のマナーで接していけば、相手も安心します。

 

それを繰り返していけば、きっといい結果が出てくることでしょう。