50代男性の婚活で、恋愛と結婚は違います

結婚と恋愛は違います

50代男性の婚活をする時に気をつけたいのは、婚活は恋愛とは違う、ということです。

 

恋愛は、主に外見から入り、相手の女性が気にいって好きになり、お互いが合意して恋愛関係になります。

 

その目的は性愛だと言えるでしょう。簡単に言えば、その女性とやりたい、と思うのがきっかけです。こう書くと身もふたもありませんが、それが事実です。それに、性愛つまりセックス自体は決して悪くなく、男の本能です。

 

気にいった女性とセックスしたいと思うのは、なんら悪いことではありません。そのため、まず外見が気にいるか、どうか、つまりタイプがどうか、とうことが最初に選ぶポイントになるでしょう。

 

それで関係が出来、お互いの信頼が高まれば結婚に至ります。ですが、長い時間恋愛関係にあるのに、結婚に至らないカップルはたくさんいます。あなたのまわりにも何組かいると思います。

 

それは当然です。ふたりが出会った目的が結婚ではないのですから、そうなりがちです。

 

つまり恋愛と結婚は別で、恋愛の結果の結婚というのは、どちらかというと打算的な産物です。別にそれも悪いことではありません。ある意味、自然な流れです。

 

一方婚活というのは、結婚を目的として女性と出会います。あくまでも結婚が目的です。ここをしっかりと考えておかないと、なかなか結婚できなくなります。

 

つまり恋愛と、結婚は違うのです。

 


 

相手の女性が嫌でなければ結婚してしまいましょう!

結婚と恋愛は違います

簡単にいうと、外見の好みはそこそこで、いい女性(ひと)だったら結婚を決める、ということです。

 

婚活をしていて、なかなか結婚出来ない人というのは、相手の女性に恋愛を求めているのです。そもそも普段で恋愛関係が成立しにくいから婚活をしているわけで、周りに女性が多く簡単に恋愛関係に発展するのなら、婚活をせずに結婚していたでしょう。

 

婚活をするのは、そういう環境にないからで、そこを考え違いをしていると、いつまでも結婚出来ません。

 

結婚はある程度、打算の産物です。最初からお互いに「愛」はなくてもいいのです。「愛」とは自然に生まれるものではなく、お互いで育んでいくものです。

 

最初は好きじゃなくても、嫌じゃなければいいのです。

 

日々、生活していくうちに好きになっていきます。そして「愛」は自然発生すのではなく、ふたりで作り、育てていくものです。

 

ですので、結婚相談所の紹介にしろ、結婚情報サイトで出会うにしろ、出会えた女性が嫌でなければ、結婚を決めた方がいいのです。

 

その時の最低の基準は3つ。

 

  1. 誠実であること
  2. 社会的良識があること
  3. 大きな借金がないこと

 

これをクリアーしていれば、後は嫌でなければ結婚すべきです。

 

だいたい恋愛の結果で結婚しても、実際に暮らしてみれば、気にいらないことなど山ほど出てきます。食事の仕方、風呂の入り方、トイレの使い方、寝る方法、テレビなどあらゆることで食い違いが出てきます。

 

生まれも育ちも年齢も違う男女が、ある日をきっかけに一緒に暮らしだすのです。いろいろと違うのは当たり前です。

結婚は決断! 今出来なければ、ずっと出来ません!

結婚と恋愛は違います

もちろん出合った女性ならなんでもいい、というわけではありません。ですが、何回かデートして、嫌じゃなければ、相手が好いというのなら結婚を決めてしまえばいいのです。

 

お互いが大人で、誠実であれば、いろいろな問題が起こっても解決できます。

 

そこで、贅沢なこと、つまり外見だったり、歳だったり、条件のハードルを上げたら、結局は結婚出来ないまま、1年が過ぎてしまうことになります。

 

50代男性の婚活においては、出合った女性が嫌じゃなければ、結婚を決めてしまえばいいのです。だからと言って、会ったその日に結婚を申し込むのは駄目ですよ。何回かは必ずデートをして、先に書いた3つの条件をかならず確認してください。

 

平気で嘘をつき、約束を守らず、街で人にぶつかっても謝らず、食べ方が汚く、他人に優しくなく、自分勝手で、怒りっぽい、こういう女性(ひと)は駄目です。これは当たり前ですよね。

 

器量がそんなに良くなくても、多少体重オーバーでも、歳が若くなくても、そこそこなら結婚をする方向で話を持っていきましょう。

 

これはあきらめではありません。現実をきちんと見ることなのです。現実をきちんと見ないと、どんなに婚活しても結婚は出来ないのです。