50代男性が選ぶ結婚相談所は、大手がいい? それとも個人?

50代で婚活を始めて、もし身近に結婚の対象になる女性がいなかったなら、プロに任せた方がいいでしょう。

 

知人、友人に紹介を頼むのもいいのですが、いい人を紹介してもらえばいいのですが、そうでない時が問題です。それは断りにくいからです。こちらから紹介をお願いした以上、断る理由もはっきり言いにくいことが多いのです。その結果、人間関係が壊れてしまいかねません。

 

ある意味借金と似てるかもしれません。逆にあまり親しくない知人なら、断りやすいですが、それでは親身になってくれるかどうかわかりませんし、話がややこしくなることがあります。

 

ですので、最初からプロに任せた方がいいでしょう。

 

さてプロというと思いつくのが結婚相談所です。結婚相談所も地元密着型で個人で運営しているところと、いわゆる大手、全国展開をしているところ、大きく分けてこの2種類です。

 

それぞれのメリット、デメリットをご紹介しましょう。

 

結婚相談所

 


 

結婚相談所の大手と個人のメリットとデメリット

個人経営の結婚相談所

メリット

地元に根差しているので、その地域の女性を紹介してもらえます。登録している数は、それほど多くは
ありませんが、それぞれの会員について、かなり細かく情報を持っています。個人経営なので、いい相談所だと
かなり親身になってもらえます。

 

感覚的には、昔の仲人さんみたいな感じです。細やかな対応を期待できます。

 

デメリット

どうしても登録者数に限りがあります。また紹介手数料を稼ぐために、ちょっと強引に話を進めるところまあります。
信用できるところならいいのですが、口コミなどでも調べにくく、実態がつかみにくいのが欠点です。

 

個人なので、その相談所の所長と合わないと、いろいろ難しいことになります。

 

大手の結婚相談所

メリット

全国展開しているところが多く、登録者数もかなりの数になります。出合うチャンスはとても多いです。
料金も明朗会計なところが多いので、予算を組みやすいです。

 

デメリット

細やかな対応は望めません。かなり積極的に探していかないと、なかなか相手を見つけることが出来ません。
気が付くと数百万かかっていた、という話もあります。期間を決めて、取り組まないとお金だけかかることになります。

50代男性は出来れば両方登録しておきましょう。

いい個人経営の相談所に出会えれば、細かいところまでフォローしてもらえる可能性があります。まず最初に行った時に、その場では登録せずにいろいろ話を聞いた方がいいでしょう。所長によって、いろいろとありますので、嫌な感じがしたり、なんかおかしいなと思ったら撤退した方が無難な時があります。

 

ですが、いい個人相談所に巡り合えたら、それはそこ1本に絞るのもいいでしょう。見極める基準は、こちらの話をきちんと聞いてくれる、無理に出合わそうとしない、最初にいい話ばかりしない、ネガティブなこともきちんと話してくれる、といったところでしょうか。

 

いい不動産屋を探すのと似てるかもしれません。もちろん、きちんとお金の話をしてくれるところを探しましょう。無理矢理相手を押し付けてくるところは避けましょう。実際のそういうところもあるので、気をつけましょう。

 

大手の結婚相談所は、おおむね信用出来ます。ただ紹介はしてくれけど、後は自分で頑張ることになります。もちろん相談には乗ってくれますが、登録者全員に細かい対応は、物理的に無理です。しっかりと戦略を立てていかないと、多くの女性に会ったはいいけど、結局結婚までいかない、という事態に陥ることになります。

 

それぞれ一長一短あります。もし予算に余裕があれば、大手と個人、それぞれ一か所ずつ登録してみると良いでしょう。大手に関しては、山のように口コミサイトがありますし、はっきり言ってどこもそう変わりはありません。近くに本店か支店があるところを選びましょう。その方が、相談に行くのも楽です。

 

大手の結婚相談所の資料を一度に請求できるサービスがあります。

 

それはこちら⇒婚活始めるなら【婚活費用比較君】

 

最大15社からの資料を請求を無料ですることが出来ます。まずはいろいろと資料を請求してみることをおすすめします。